来る4月23日(日曜日)にお茶の水女子大にて3時間の岩壁茂と花川ゆう子によるワークショップを開催いたします。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

その後は、懇親会として会場近くのレストランでの立食パーティーを行います。美味しいお食事と飲み物をいただきながら、楽しいひと時を持ちたいと計画しております。こちらも奮ってご参加下さい。

 

*今回のワークショップへの参加は臨床心理士、もしくはそれに準ずる心理系専門職、および臨床心理を学ぶ大学院生に限らせていただきます。*

 

<ワークショップ内容紹介>

タイトル:〜変容は出会いの瞬間から始まる〜:初期のAEDPセッションにおける加速度的な癒しの過程

内容紹介:

AEDP(加速化体験的力動療法)において初期の見立てと関係性や感情のプロセスは治療の鍵となるものです。このワークショップでは、二人のプレゼンターにより、初期面接での防衛のワーク、関係性を使った安全性の構築、そして感情の深まりや変容を、セッション録画、インタビューなどの題材を使って解説していきます。初期のセッションでどのような癒しの現象が起こり得るか、また治療初期段階での変化が確固たる変化となるための治療後期でのワークスルーの必要性、クライエントによるセラピストの体験がどう治療過程を深めていくのか、などを焦点にディスカッションしていきます。

参加費:4000円 (学生割引 3500円)

場所:お茶の水女子大学 (茗荷谷)

時間:4月23日(日曜日)14時〜17時まで

 

懇親会

立食パーティを茗荷谷のイタリアンレストラン、ラ・クローチェにて開催致します。

レストラン情報はこちら→ https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132302/13008847/

 

時間:17時30分より20時

 参加費はワークショップ4000円(学生割引3500円)、懇親会参加費は4000円です。

 

参加登録はこのページの上部にありますEventRegistを通してしていただけます。

お支払い方法は、別途お知らせいたします。

 

講師紹介:

講師:岩壁茂 Ph.D. お茶の水女子大学大学院人間文化研究科助教授。AEDP研究所の研究委員会のチェア。専門分野は、心理療法 のプロセス研究で、「人はどのように変わるのか」という変容プロセスに関する研究とプロセス研究に基づいた臨床指導を行っている。AEDPを実践する臨床家でもあり、AEDPの変化の過程を分析する研究者でもある。

講師:花川ゆう子、Ph.D. AEDP研究所ファカルティ。AEDPJapan ディレクター。ニューヨーク在住。個人開業の中でAEDPを使った臨床とトレーニングをニューヨーク、マンハッタンでしている。近年、日本人向けのAEDPトレーニングを特に力を入れている。www.flowerrivers.com


AEDPJapan及び当ワークショップについてのご質問は、help.aedpjapan@gmail.comへどうぞ。

 

主催:岩壁研究室・AEDPJapan